失敗しない横断幕・懸垂幕の依頼方法サイズ編

横断幕や懸垂幕はスポーツの応援・ライブでのアーティストの応援のみならず店舗の看板の代わりとして利用されることが増えていいます。

失敗しないオーダーの仕方をしない秘訣はあるのでしょうか?

今回は【失敗しない横断幕・懸垂幕の依頼方法サイズ編】についてご紹介します。

はじめて横断幕・懸垂幕を製作を依頼する場合はわからないことも多いでしょう。

想像もしていなかった失敗をすることもあります。

オーダーする場合は、そういった細かい点までも注意してくれる横断幕・懸垂幕専門店に依頼するほうがいいでしょう。

■失敗しないために横断幕・懸垂幕のサイズに注意をしよう!

どのくらいのサイズで横断幕を作ればいいのか分からないこともあります。

そんな場合に適当なサイズで作ってしまいます。

大きすぎて会場に設置することができない失敗をしでかしてしまいます。

ポイントはココです。

応援用の横断幕はスポーツ毎にそれぞれ適したサイズがあるのです。

例えば屋外でする野球と屋内の体育館でするバスケットボールの横断幕は全然違ったサイズになるのです。

自分のスポーツにマッチしたサイズを選べばこういった失敗はしません。

スポーツごとに目安のサイズをご紹介為ておきましょう。

屋外(野球やサッカー)大きな試合会場でも目立つように横は300メートル以上の横断幕がいいでしょう。

屋内(バスケットボールやバレーボール)の場合は縦は120センチメートル以上で縦横比率は1:3程度で作ると良いでしょう。

体育館ではスペースが限られます。

事前に設置場所や大会運営事務局に確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いろいろ選べる横断幕簡単アドバイス Copyright (C) www.linxexplorer.com. All Rights Reserved.