レンタルサーバーとクラウドの違いとは

ITに詳しい人なら何てことはないことなのでしょうが、IT初心者にとってはレンタルサーバーとかクラウドとかVPSとかよくわからない言葉ばかりです。

ここでは、レンタルサーバーとクラウドの違いについてまとめています。

【レンタルサーバー、クラウドって何?】

レンタルサーバーは共用サーバー、VPS、専用サーバーとありますが、一般的にはレンタルサーバーは共用サーバーとして使われることが多いようです。

クラウドとは、ユーザーがサーバーやソフトを持たなくてもインターネットを経由してユーザーが求めるサービス(ストレージやアプリケーション、データベースなど)を必要な分だけ利用することです。

【用途別に考える違い】

個人ブログを作る場合は、レンタルサーバーの方が向いています。

小規模の個人サイトなら、コストが低い方が良いからです。

企業サイトを作るなら、クラウドの方が向いていると言えます。

企業サイトをレンタルサーバーで利用した場合、同じレンタルサーバーを利用していた他のユーザーの影響を受けて企業サイトにアクセスできなくなってしまうと、企業にとっては損失になってしまうからです。

そのため他のユーザーの影響を受けにくいクラウドを使用する企業が多いのです。

こちらに参考記事をご紹介しておきます。

企業がクラウド導入の検討でおさえるべきポイント [企業のIT活用] All About

【どちらも人気ランキングサイトで検討】

レンタルサーバーを検討する時も、クラウドを検討する時も人気ランキングサイトがありますので参考にすると良いです。

しかしながら、クラウドについてはきちんと理解している人というのはITスキルもかなり高いと言えるので、あまりITに詳しくない人ばかりがいるところでクラウドを導入しても使いこなせないことがあります。

ITスキルなども考えて、どれを導入するかを決めた方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by www.linxexplorer.com.